3歳でオムツが取れないけど大丈夫??いつかは取れる?

3歳を過ぎるとオムツを卒業していく周りの子達。
個人差があるとわかっていても、我が子がなかなかオムツが取れないと母親としては
焦る気持ちが出てきますよね。
いざ始めてみようと思ってもうまくいかないとつい怒ってしまったり、
本人にプレッシャーを与えてしまうと、余計にうまくいかないもの。
そんなトイレトレーニングが成功した母と息子の実録を書いていきます。

スポンサーリンク



1回のトイレトレーニングではなかなかオムツは取れない

・1回目の失敗
最初にトイレトレーニングを始めたのは2歳半ごろでした。
時期は夏です。
やはり、暖かい時期の方がトイレトレーニングをやりやすいということもあり
息子の好きなキャラクターのパンツを購入し、さぁやろうと意気込んでいました。

ところが、意気込んでいたのは母親の自分だけだったんですよね。
息子は全く乗り気にならず、パンツを履いたのは最初の一回だけ。
予想通り、すぐに漏らしてしまい息子はそれが嫌だったのかそこからパンツを履かなくなってしまいました。

息子が楽しくなりそうな声がけをしてもまったくダメで、私の頭の中にはまだ2歳だし、という事も
頭によぎり無理にさせることなくそこで諦めてしまいました。

・2回目の失敗
1回目の失敗から、まったくパンツもはかない、トイレもいかないという日々が続き
3歳を迎えた息子。
そろそろ入園ということもあり、やはりもう一度チャレンジしてみようと
「もうすぐ入園するから、パンツになれるようにやってみようか」
と声をかけてみました。

時期は冬です。
息子は年少になるのを楽しみにしていたこともあり、乗り気になってくれてパンツを履いてくれました。
ところが、寒さのせいかトイレが近すぎて1時間に何度もおもらししてしまう状態。
パンツもあっという間に足りなくなり、洗濯も乾きにくく結局オムツでトレーニングをやる状態に。
息子もオムツを履いていれば大丈夫という安心感があるのか、全く知らせてくれない日々で
結局ここでも断念するという結果になりました。

スポンサーリンク



入園して自信がついてやる気になった

結果的には入園してから3ヶ月目にして、オムツからパンツに変わることが出来ました。
最大の要因は、褒められることによって自信がついたからのように思います。

もちろん今までも褒めてはきていたのですが、あくまでも家族の中だけであって
やはり、先生、友達に褒めてもらえるということが本人の中ではとても嬉しく、
それが自信に繋がったのではないかと思います。

ご褒美も大事

褒められる事ももちろん自信につながりますが、やはり子どもはご褒美が大好きです。
我が家でも試したことがいくつかありますので、参考になればと思い紹介します。

ご褒美シール
お気に入りのシールを購入し、トイレで出来たらシールを貼っていく。

お気に入りのキャラクターのトイレットペーパー
我が家はトーマスのトイレットペーパーを購入し、出来たらこれで拭こうねというとやる気がでました。

好きな食べ物
トイレで出来たら、息子の大好きなキャンディーチーズやラムネをあげていました。

他にも、お気に入りのキャラクターのパンツを購入したり、補助便座をアンパンマンの音の出るもの
にしてみたりと様々な方法を試してみました。

どれもものすごくお金がかかることではなかったので、小さな目標を作ってあげることによって
やる気を引き出せるのであれば、こういった方法も良いのではないかと思います。

スポンサーリンク



いつかは必ず取れる

オムツが取れてから思えることかもしれませんが、時期がくれば自然とオムツからパンツへ変わることが
出来るのだと思います。

今は、幼稚園や保育園へ入園したからといって必ずパンツで登園しなければいけないわけではなく、
オムツで登園しても大丈夫なところも多いはずです。
実際、息子の行っている園では全然大丈夫です。

ですので、焦ってトイレトレーニングを始めるよりは子どもにあったタイミングが必ず来るので、
それに合わせて親が順応に対応してあげることが大切だなと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする