子供が野菜を食べない!どんな方法で食べてもらう?我が家の解決方法!

「子供が野菜を食べてくれない」とお悩みのお母さんは多いですよね。
我が家の子供たちも、好きなものは食が進みますが苦手な野菜が出るとなかなか食が進みません。
それでも、少し工夫してあげると意外と食べられることがわかり、それが自信に繋がって
食べられるようになるという事があります。
今回は、我が家の子供たちが野菜を食べてくれた方法について書いていきます。

スポンサーリンク



一口だけ食べてもらう

我が家の子供達にどうして嫌いなの?と聞くと一番の理由は「見た目」だそうです。
特に、ピーマンやなすは見た目から食べたくないといいます。
なので、
「一口だけでいいから食べてみない?」
と声をかけます。
もちろん初めは嫌がるのですが、ちょっと頑張ってみようかなという時は一口食べてみるときもあります。
そうすると、
「あ、これ美味しい!」
と思う事もあるようで、そのまま好きになる事もあります。
いわゆる食べず嫌いのようなものですね。
なので、あえて全部食べなくていいよ、一口だけでいいよというと意外と食べれるようになる事もあります。

スポンサーリンク



味付けや切り方を工夫する

素材の味を覚える事もとても大切ですが、
いつも同じ味付け、同じ見た目では子供だけではなく大人も飽きてしまいますよね。

なので、しょうゆ味、ケチャップ味、マヨネーズ味と味付けを変えて出しています。

また、切り方もお花の形にしたり、ハートの形にしたりと見た目を変えてあげるだけでも
随分子供の印象は変わってきます。

例にあげると、我が家は野菜スティックをよく食卓に出すのですが、
たとえばきゅうりでも切り方をただスティック状にするだけではなく、様々な形に型抜きしています。
またディップするものもマヨネーズや、チーズソース、ケチャップベースのものと種類を変えて出しています。
そうすることによって、食事が楽しいものに変わり、野菜を食べてくれるようになりました。

細かく刻んで中に混ぜ込む

どんなに工夫しても食べてくれない食材も、もちろんありますよね。
そんな時は、ハンバーグやカレーにして全て細かく刻んで中に入れてしまいます。
全く野菜を食べてくれないお子さんには、栄養面を考えるとこのやり方も必要ですよね。

スポンサーリンク



とにかく褒めちぎる

小学生の娘達にはあまり通用しなくなってきていますが、3歳の息子はまだまだこのやり方で
食べてくれることが多いです。
具体的には
「頑張れー」だけでなく、
「〇〇くんなら食べられるよ!かっこいいなぁ!」や
「えー!これ食べられたらお兄ちゃんだね!」といった事を言って
褒めちぎると大抵は食べてくれます。

楽しく食事をすることが大切

大人もそうだと思いますが、イヤイヤ食事をするのではなく楽しく食事をしたいですよね。
我が家は、このような方法で毎日苦手なものも食べられるようにしていますので、
もし参考になれば、実践してみてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする